2011年06月21日

マスコミが言えない「災害復興バブル」

マスコミが言えない「災害復興バブル」

内閣不信任案が否決したにも拘わらず、相変わらずみっともないゴタゴタ騒ぎが続いていますね。

被災地の復興や被災者への援助などはそっちのけで、「菅、辞めろ!」ばかりですが、真に復興を望んでいるのであれば、その政策はどの政党も同じ方向へと進んで行くのが自然というものですが、「辞めなければ協力しない」とまで言いのけるその理由の裏には、いったい何があるのでしょうか。

マスコミや評論家たちは、当然この裏の理由を熟知していますが、決して誰も本音を口に出そうとはしません。

ヒントは先の大震災で、震災後になってからこの問題が急激に大きくなったことは、みなさんも当然ご存知の通りですね。

復興事業には莫大な国費が投入されますが、これに今、色めき立っているのが建設業界で、業界では「復興バブル」と呼ばれるほど、またとない絶好のチャンスが訪れているのです。

業界の後押しで現在の地位を築き、行政への顔も効く国会議員を「族議員」と呼びますが、建設族と言われるほとんどが自民党議員で、政権を失った彼らにしてみれば、目前のチャンスもただ指をくわえて眺めることしか出来ず、後援を受けている業界団体からの突き上げも当然に厳しく、何とかしたい思いで一杯なのです。

何かにつけて「あげ足取り」としか思えないような批判をいつまでもダラダラと繰り返すタニガキ氏にしても、民主党のドンであるオザワ氏にしても、「辞めろ!」と騒いでいるのは皆、なんと族議員ばかりじゃないですか。

一方、市民政治運動の出身である現総理には業界とのつながりはなく、「こんなヤツ一人に、あの大金を使われてたまるかぁ〜」と思っている人が国会では大勢いるわけで、「オレにも使わせろぉ〜!」という声がまるで聞こえてきそうな勢いです。

ど〜でもい〜から早くやれ!とはボクの意見ですが、業界からの広告収入で成り立っているメデイアもこの事には全く知らんぷりで、分け前を与えないと協力しないという事実上、このままでは復興もなかなか進まなさそうですね。

ニュースを見ながら飲む晩酌のビールの、あ〜、ほろ苦いこと・・・・・・・。

posted by りぃ〜ち at 14:23| 神奈川 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

「心のケア」とはさすが!



御無沙汰です・・・・・!

久しぶりにブログを再開します。


面倒な仕事を抱え、ストレスにまみれた生活もやっとあと数日を残すのみとなりました。

もう、ほとんどクタクタ状態・・・・・・・・・・・。


しばらく止めていたタバコは元のヘビースモーカーに戻りつつあるし、仕事が終わっても頭の中で

その残像がぐるぐる廻り続けている状態で、酒でも飲まないとゆっくりと眠れないほどでしたね。


でも何とか無事に乗り切って、終焉を迎えられるということは、ホントにうれしい限りです。

ビールと芋焼酎とタバコのパワーが、ボクを乗り切らせてくれたと今になって思っています。


その間に起きた東日本大震災で、被災された多くの人たちに、陰ながらお見舞い申し上げます。


お酒やタバコは個人の嗜好であり、誰にでもお勧め出来るものでは決してありませんが、こう

いう時にこそ、本当に役立つものかもしれないと、今回の仕事でボクは実感しました。


そこに目をつけた野口健さんは、さすがだと思います。


「頑張ってください!」という言葉はいっぱい聞きますが、今まで一生懸命頑張って来た人たち

には少々過酷な言葉にも聞こえてしまうのはボクだけでしょうか?


どうか御無理をなさらずに、take it easy!これがボクからの言葉です。

心に余裕が出来れば、明日が見えて来ることもあるかも知れません。


出来ることなら、冷えたビールでも贈りたい気持ちです。










posted by りぃ〜ち at 20:34| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

肌つるつる・奈良田温泉

narada1.jpg

早川沿いの谷間に続く南アルプス街道のゆるい上り坂を登って行くと、周囲は濃く紅葉した山

ばかりで、思わず見惚れてしまいそうになります。

narada-yama.jpg

narada-dam.jpg

土砂で半分ほども埋まった奈良田湖が見えて来ると、ようやく目的の白根館に到着です。

siranekan.jpg

車を降りると、もう、ほのかな硫黄の匂いが漂って来ます。

narada-kb.jpg

七不思議の湯とは、その日の気候や気温によって、透明から緑、ブルー、乳白色へと、お湯の

色が七色に変化するという不思議な温泉なのだそうです。

「自慢できるものは温泉しかありませんけど、ごゆっくりどうぞ」という声に誘われて、さっ

そく温泉へ。

narada-ub.jpg

この日は少し緑がかった透明な湯で、ぬめっとした柔らかい湯は、肌がつるつるになる塩化ア

ルカリ硫黄泉で、どんな肌荒れでもすぐに治ってしまいそうな肌すべすべの湯です。


やっぱり、噂にたがわぬ、すばらしい温泉ですね。

何よりも、この風景がいい!

narada2.jpg

さあ、風呂をあがったら、ビールだぁ!





posted by りぃ〜ち at 04:24| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。